2015.05.29更新

Q.先月、自転車で通勤途中、前方から走ってきた車が道路工事を避けて自転車側に寄ってきました。私は、道路脇に寄って停止しようとしたところ、ちょうど側溝の鉄製の蓋が浮きあげっていたので、その蓋にタイヤを取られて転倒してしまいました。警察の実況見分の結果、転倒は、道路脇の鉄製の蓋が老朽化のために折れ曲がり、浮き上がっていることが原因であることが分かりました。私は、道路を管理する国又は県に治療費等を請求することはできるのでしょうか。

 

A.道路を管理する国や公共団体には重い責任が!

 

 自転車の転倒の原因が、道路脇の側溝の鉄製の蓋が外れやすくなっていたことにあったということですので、道路を設置し、管理する国又は公共団体に対し、怪我による損害の賠償を請求することができます(国家賠償法2条1項)。

 

 道路は、自動車や自転車だけでなく、子供から高齢者まで様々な歩行者が日常利用する場所ですから、高い安全性が求められます。特に、道路の陥没や危険な段差、マンホールや側溝の蓋あるいは道路脇のフェンスが外れているなど、当然安全だと期待されるべき営造物に欠陥があれば、重大事故につながる可能性がありますので、その設置又は管理に責任を負う国や公共団体には重い責任が課せられます。

 

国家賠償法に基づく損害賠償請求 

 

 質問者のケースも、道路工事でスムーズな往来に制約があったなかで、自転車が自動車を避けて道路脇に寄らざるをえない状況は容易に予想されることですし、そこに折れ曲がり浮き上がっている鉄製の蓋が放置されていたとすれば転倒事故が発生することは容易に予想されます。

 国や公共団体が、このような危険な状況を放置したことによる責任を負うことは当然と言えるでしょう。

 

 質問者は、怪我の治療に掛かった入通院費用、交通費、仕事を休んだことによる補償、怪我の治療に伴う精神的苦痛に対する慰謝料等を、道路を管理する国や公共団体に対して請求していくことが可能です。

 

⇒弁護士好川久治のその他の問題に関する情報はこち

 

⇒港区虎ノ門の弁護士好川久治への相談・問い合わせはこちら

 

ヒューマンネットワーク中村総合法律事務所
弁護士好川久治
℡03-3501-8822|9:30~18:00
東京都港区虎ノ門1丁目4番5号 文芸ビル8階

投稿者: 弁護士好川久治

entryの検索

月別ブログ記事一覧

メールでのお問い合わせはこちらから tel:03-3501-8822
初回相談30分無料 tel:03-3501-8822
弁護士好川のシェアしたくなる話
Q&A
実際の解決事例
あんしん相続相談ガイドに掲載されました。
あんしん相続相談ガイドに掲載されました。