2015.01.20更新

「つり銭詐欺」で逮捕!

 

 前日の「電車内の迷惑行為」の放送に続き、1月8日にも他局からインタビューの依頼がありました。

 

 今度は、奈良県のコンビニエンスストアで発生した「釣り銭ネコババ(詐欺)事件」の放送で、店員が釣り銭の勘定を誤り、約2000円を渡すべきところを4万6000円を差し出してしまい、公務員であった容疑者がそれと知りながら釣り銭を受け取ったという事件でした。この容疑者は詐欺罪で逮捕されました。

 教科書事例としてはよくある「釣り銭詐欺」事件ですが、実際に逮捕されるケースは稀です。

 

 店員がどうして釣り銭を間違ったのかも謎ですが、状況から判断して、容疑者が釣り銭を受け取った時点で間違いに気づいていた可能性が高い事案でしたので、逮捕に至ったものと思われます。

 ちなみに、受け取った後に間違いに気づいて申し出なかった場合は、占有離脱物横領罪が成立します。

 

店員の間違いを申告しなかったことで逮捕?

 

 逮捕された理由は、金額が比較的高額であったこと、店舗側が被害届を出していたこと、容疑者が公務員であったことなどが影響していると思われます(2万円を超えていることや、公務員であることから警察限りの処分である微罪処分の対象からも外れたのでしょう)。

 

 その場で店員が気付いて声をかけていれば容疑者もこれに応じていた可能性もありますので、逮捕には至らなかったでしょう。

 街の声を聴くと、意外と間違いを申告しない人もいることに驚きを感じるニュースでした。やはり、悪いことはできないものです。

 

⇒港区虎ノ門の弁護士好川久治への相談・問い合わせはこちら

 

ヒューマンネットワーク中村総合法律事務所
弁護士好川久治
℡03-3501-8822|9:30~18:00

東京都港区虎ノ門1丁目4番5号 文芸ビル8階

メールでのお問い合わせはこちらから tel:03-3501-8822
初回相談30分無料 tel:03-3501-8822
弁護士好川のシェアしたくなる話
Q&A
実際の解決事例
あんしん相続相談ガイドに掲載されました。
あんしん相続相談ガイドに掲載されました。