2015.06.28更新

Q.先日、10年以上前に住んでいた住所近くの銀行の担当者から実家に連絡があり、銀行のローンの支払がないので支払ってもらいたいと言ってきたそうです。
 確かに、銀行には預金口座を開設した記憶がありますが、ローンを組んだ記憶はありません。銀行の担当者は、その口座がクレジット会社の引き落とし口座になっていてクレジット会社から請求があったときに残高がなかったので立替をしたと話していたそうです。私は、銀行の担当者の請求に応じなければならないのでしょうか。


A.ローンの発生原因が適切かどうか確認する

 

 まずは銀行から取引の履歴を取り寄せてローンの発生原因を確認すべきでしょう。ローンの発生原因に間違いがなく、請求額も合っているなら、次に請求自体を争えるかどうかを検討します。

 

 銀行の担当者の話から考えると、ローンは、預金取引に付随して、一定の限度額まで銀行が自動貸出をする当座貸越契約に基づくものと思われます。
 残高がないときに、一定限度額まで貸出をしてくれる制度ですが、利息が発生すると、利息の返済日に預金残高がなければ利息分が自動的に貸し出され、それが積りに積もって、いずれ限度額を超えることがあります。

 

 銀行の当座貸越の規定では、貸越限度額を超えて自動貸出がされなくなると利息の返済が滞り、いずれ期限が到来するとしているものが多いです。
 そのため、限度額に達するまで銀行から連絡がないことが多く、銀行から返済の連絡があって初めてローンの存在に気づくことがあるわけです。

 

請求を争うことは一般的に難しい

 

 予想外のローンの請求で驚かれていると思いますが、それが銀行との正当な当座貸越契約に基づくものなら契約に基づく取扱いですので請求を争うことは難しいでしょう。
 また、期限は貸越限度額に達したときに到来しますので、消滅時効を主張することも難しいです。

 

 納得がいかないと思って支払わないでいると、全銀協の個人信用情報センターに事故情報として掲載され、借入ができなくなることもありますので、放置せずに返済方法を検討していく必要があるでしょう。

 

⇒弁護士好川久治のその他の問題に関する情報はこちら

 

⇒港区虎ノ門の弁護士好川久治への相談・問い合わせはこちら

 

ヒューマンネットワーク中村総合法律事務所
弁護士好川久治
℡03-3501-8822|9:30~18:00
東京都港区虎ノ門1丁目4番5号 文芸ビル8階

 

メールでのお問い合わせはこちらから tel:03-3501-8822
初回相談30分無料 tel:03-3501-8822
弁護士好川のシェアしたくなる話
Q&A
実際の解決事例
あんしん相続相談ガイドに掲載されました。
あんしん相続相談ガイドに掲載されました。